痔の手術を手術を受ける前に知っておきたい情報集
HOME >  痔の手術ができる病院選びのポイント >  2.実績はあるか

2.実績はあるか

痔の手術となればやはり、豊富な経験をもつ医師のいる病院に行なっていただきたいもの。皆さんの字の症状が、たとえ少ない症例であっても、ベテランの医師なら何度か経験している可能性もあるでしょう。また近いケースがあれば、そのときの創意工夫を活かしてもらえるに違いありません。

では、いったいどのような病院や医師が豊富な実績を持っているといえるのでしょうか。

痔の専門病院なら安心

当然のことですが、まずは病院に歴史があり、ベテランの医師がいるかどうか。また、肛門の良性疾患(いわゆる痔)を専門で診ている病院であれば、さらによいのではないかと思います。

大腸と肛門を両方診療する先生は多いものですが、仮に肛門だけを診療する医師を見つけることができれば、頼りになるはずです。豊富な手術経験を持っていることでしょう。病院の手術の件数まで調べられたら、よりいっそう安心できるはずです。

特に痔瘻は、専門的な処置が必要となるようなので、経験を積んだ先生に診てもらうほうがいいでしょう。痔瘻を完治させるには手術が必要で、場合によっては括約筋のほうまで処置が及ぶことがあるそうです。後遺症を防ぐためにも経験豊富な先生の処置が必要です。

また、経験豊富な医師に巡り会うと、痔の手術をすることなく治しきる方法を提案してもらえることもあります。その提案ができるのも、経験豊富だからこそではないでしょうか。

治療の選択肢が多い医師を

経験豊富な医師は、さまざまな治療法の長所短所を熟知し、患者にやさしく説明する能力にも長けているものです。個々によって病状は異なるものですが、患者が「手術をどうしても受けたくない」という意志があり、医師のほうでも手術をせずに完治させることができる、という確信があるなら、あえて手術をする必要はないでしょう。

ところが、痔の手術の経験が少ない医師であれば、選択肢さえ思い浮かばず、すぐに手術を薦めてしまうかもしれません。患者に治療法を選んでもれらう、というのは互いの信頼関係を深めますし、実際手術をしてもらう上でも安心です。

さらに経験豊富な医師であれば、患者の痛みを緩める方法も知っているはずです。たとえば局所麻酔1つをとっても、その違いは明白でしょう。やはり経験豊富な医師であれば痛くないでしょうし、あまり経験のない医師であれば痛い可能性は高いものです。ただ、麻酔しているのだから痛くなくて当たり前だと思われるかも知れませんが、痔の手術は麻酔しても痛かった…という場合もなきしにもあらずのよう。

やはり経験豊富な医師に、おまかせしたいところです。